プロフィール

candy329

Author:candy329
姫のお部屋《殿のHIMEGOTO》へようこそ(=⌒ー⌒=)♪"
関ジャニ∞の信くん・ばぶクン、タッキー&翼の秀くんが大好き。
頑張って応援しています(*^_^*)

滝翼ファミリーの皆さん、eighterさんとの楽しいお喋り大好きです♪


最近の記事


月別アーカイブ


FC2カウンター


ポチッとして頂けたら励みになります♪


いつもありがとうございます♪


カテゴリー


blog pet《ばぶクン》


最近のコメント


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
《滝沢演舞城2008~命・LOVE~》を観劇して・・・。

ここまで3回、観劇に行きましたが・・
今回はレポっていうレポができなさそうです。。。

一部は本当に感心・感激・感動。

二部はとにかく重たくてツライんです。。

でも観た感想は自分なりに残しておきたいので、読みづらいかと思いますがここに残させてください。

ここまで3回観た感想は・・・

秀くん自身に・・というよりも、秀くんの創り出すあの世界への感動という感じかもしれません。

勿論、秀くんは凄いし、秀くんが何かする度に心も動くのだけれど。

でも、私は何よりも「滝沢演舞城」の世界観が大好きです。

話したいトコだけに触れますが・・・



ここから下↓↓若干のネタバレになりますので・・
知りたくない方はここまでで・・  注意してくださいね。



★第一部★
●オープニング
バイオリン・後藤くんの奏でる音にジッと聴き入ります。
毎年同じオープニング。
「あぁ・・始まる・・」ってグッと緊張するの。

ABC河合くんが出てきて、スッとしたダンスを踊ります。
とっても凛々しい表情をしていて・・
実は、正直今まで彼のことをしっかりと見たことが無かったのですが・・今回見て、彼の見方が変わりました。
すっごく目がイキイキしていて「殿の創る世界で充実感を感じてくれてるのかな」なんて勝手に思って。
そんなこと思っていたら、彼の表情をもが、なんだか嬉しく感じて。
彼に対しても「素敵な舞台を創ってくれてありがとう」って思いました。
勿論、他のJrくんたちに対してもですけどね。

♪ いにしえ ♪ 大好き(^_-)-☆

●MASK
前回のMASKの京劇の部分を【和】にして、更にフライングした状態で行います。
そのあと、MASKの沢山くっついた長竿みたいなのを振りまわすんだけど・・
本当に重そうにしなってて・・腰を痛めそうで・・
そんなことしないで・・本当に普通でいのに・・ってそんな見方しかできなかった。
でも、普通じゃイヤなのが、秀くんなんだよね。

●安珍清姫
去年とほぼ同様です。
パクパク蛇ちゃんもまた登場(笑)
フライング秀ちゃんの後ろで、秀くんの衣装の一部の布をさばくJAEさん。
大岩主弥さん。。
おそらく、毎年この方ですよね。
本当に凄い必死にさばいていて、、この場面。ある意味・影の主役です。
それぐらい、彼の動きも気になるんです。
だって、布をさばくだけでなく、フライングから着地する秀くんを受け止めてくれるのも彼ですから。
年々、この受け止め方が安定・・というか、この3年でお互いが築き上げた信頼がそういう部分で表れているのかな・・ってそんなことを感じるぐらい、一連の流れで普通に行われていました。
「こういう人がいてくれるから、秀くんは安心して舞台に立てるんだろうな」とJAEさんを見ていると凄く思います。

●滝沢歌舞伎
○弁天娘女男白浪
Jrくん5人が女装しています。
京本大我くんが本当に可愛いの。
大我くんが主題歌を歌っている後ろで、秀くんが白塗りメイクに変身していきます。
そして、Jrくん達は・・ とにかく藤間くんが上手で感心しました。

この場面。
メイクをしている秀くん。
秀くんが滝沢歌舞伎をやろうと思った経緯を話すトッツー。
秀くんの作った主題歌を歌う大我くん。
全てを合わせて見ていると・・自然と涙が出てきます。

○鷺娘~櫓のお七~執着獅子
鷺娘は演るのは分かっていたけれど、前回まで一瞬だった櫓のお七をここまでしっかりとみせてくれると思っていなかったから・・すっごく感動しました。
人形振りになったときの表情と、櫓から落ちて人間に戻ったときの表情が全く違うの。  
《目》が違う・・って。
ここまでみせてくれるんだ・・って、、感激。
そして執着獅子。
これも演ると思わなかったからビックリ・・。
しかも、しっかり毛振りもするのね。
本当の歌舞伎役者さんでも、すっごいお稽古が必要って聞いたことがある。
毛振りをすると、目が血走るぐらい頭がガンガンするって聞いたことがある。
それを・・「凄い」って思う出来栄えでした。

この3演目。
どれも部分部分だけなのに・・今日見ていて自然に涙が出たの。
今までも白虎隊とか、忠臣蔵では泣くこともあったけれど、歌舞伎の演目だけで涙が出てくるのって初めてで・・自分でもビックリ・・。

少し前の日記にも書いたけど・・
ちょっと前に、お友達から
「友達に”城はSHOCKに比べると凄くない”って言われた」って聞いてね。

すっごい悔しくて・・

その話を聞いたのが、前回観に行った直後で。
凄く感動した直後で。
秀くんのガンバリや凄さを、見せつけられた直後で。

だからすっごく悔しくって・・
秀くんを侮辱されてる気がして・・すっごく悲しくて。。

命かけて、危険なことにも挑戦して、新しいことにもどんどん挑戦して。
私たちを楽しませようとしてくれてるのに・・
全否定されてる気がして・・悲しかったの。

比較なんてする必要ないじゃない。

秀くんは秀くんなんだから・・
城は城なんだから・・ って思ってね。

そんな気持ちで行った今回。

秀くんの新しいチャレンジを見ていて涙が出てきた。

「見返した」「こんなにできるもん」「秀くんの方が・・」とか・・そんな気持ちじゃないいけど・・

何て言って表していいのか分からないけれど・・

「すごいよ・・」って思ったら涙が出てたの。

普通、日本舞踊でも1曲の振りを覚えるのに2カ月はお稽古するのが当然。
それを、3演目を1カ月とかの短い期間でお稽古してきているんだろうな・・って思ってたら、本当に凄いなって感動したの。

歌舞伎を見慣れているであろう、年配のお客様から
「待ってました!」とか「滝沢!」とか声がかかって。

こんなにも色々な方に認められてるんだって思ったらまた感動して。

秀くんも嬉しいんだろうなって思って。

●忠臣蔵
今回もまた危険なことに沢山挑戦していますよ。
毎回すっごくドキドキしながら観ていて・・まだ一週間しか経ってないのに・・
ましてや、見ているだけなのに・・肩に力が入りすぎて・・
既に肩こりMAX。


★第二部★
義経・頼朝・義朝→秀くん
弁慶→藤ヶ谷くん
三郎→戸塚くん
安宅の関の富樫→河合くん
頼朝を影で操る人物→北山くん

弁慶・藤ヶ谷くんは、去年よりもすっごくドッシリとした安定感がある感じ。
そして、殿への忠誠心みたいなものが、表情に凄く感じられて。

安宅の関の後。
殿へ土下座をして詫びを入れる弁慶。
背中が震えてる・・と思ったら、顔を上げた弁慶は涙・・涙・・。
とっても素敵な表情でした。

最期のシーン。
岩手・平泉に旅行に行った時に見てきた、様々な風景が思い出されて・・
「あそこで、こんなじかんが流れた時代があったんだなぁ」って思って見ていました。

今回は心情が凄く濃く表されていて・・非常に重たいし・・
殺陣も今まで以上にリアルで、見ていてとても苦しいけれど・・

義経好きにはタマラナイ格好良さが表現されているな、と。

私個人的には・・
去年の方が「感動」という感動はしましたが。
ことしはまた違った意味での感動でした。

そして主題歌【with LOVE】
初めて見た時、最後に秀くんが歌っているのを聴いてたら「ありがとう」のキモチでいっぱいになりました。

最後の挨拶・・
10日の夜。
「新橋演舞城というこの場に帰ってこれて、とても嬉しいです。 
 3年目ができるというのは、皆さんがいてくれるからだと思います。 
 やればやるほど、次もやりたいって思います。
 これからもずっと続けていきたなと思っています。
 今回は凄く高いところから飛び降りる場面(忠臣蔵)もあって、最初は
 怖くて、スタントマンいないのかよ!って思いましたけど(笑)。
 これからも色んな事に挑戦していきたいって思います。
 色々危険なことに挑戦もしていきますが、本当に僕の命は皆さんに
 守られているなって思います」

っていうようなことを話してくれたの。

「僕の命は皆さんに守られている」って・・すっごく嬉しくて。

ホント・・思い出すだけで涙が出てきちゃうぐらい・・。

毎日・・とにかく無事に・・って思いだけが強まりました。



まとまりのない感想になってしまいましたが・・・


そうそう!!

今日は花道真横の席だったんだけど・・・

秀くんが勢いよく花道をバァ~ッと走って通ると・・・

ふわぁ~☆って甘~い・・イイ香りがしました★”

しあわせ~~~(*^_^*)


今日も長々読んで下さってありがとうございます

ではでは、またね

 姫 
スポンサーサイト

コメント

初めまして。

初めまして。彩と言います。
今回、演舞城に行けないもので色々とレポ巡りをしてましたら、candyさんのブログに辿り着きました。

candyさんの感想を読んでいたら観ていないのに、感動が伝わってきて思わずコメントさせて頂きました。
年配のお客さんから声がかかるのは、ファンとしても嬉しくなりますね☆
私も先日、演舞城の袋を持ったご年配の方を見かけて、滝ちゃんも幅広い年代の方から支持されてるんだなって嬉しかったんです。
それだけ、演舞城というものが素晴らしい舞台なんだなって改めて実感しました。

花道真横の席羨ましいです!
滝ちゃんからイイ香り・・・なんか想像付きます!

初めてなのに長々と失礼しました。
ちなみに私も滝翼とエイトが大好きです!




コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://candy329.blog96.fc2.com/tb.php/12-09be8f86

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。